武雄クラスタと呼ばれる人たちと一定の距離取ってる話でも書くか。(つながる図書館を読むと同時期に記載したお蔵入りネタです)

全部が全部とは言わないが、最初期に「なんかこれヤバくね?」と思い、実験した結果「やっぱり」な結果が出たので、私は武雄クラスタのメンバーとはそれなりにツイッタランドで交流しているが、積極的にタグを使わないのである。このブログでも「実際に数値データとか引用するとすげぇ楽だし、そもそもここにまとまってるネタ使って書く方がお手軽だし記事量産しやすいし」と思ってはいても、総体として「たけおクラスタ」に分類される人の中にちとヤバめな感じの人がいるので最終的に「データの引用を行いにくい」って部分があるんだわ。実効を優先して利用しきれない、ちょっとここだけは回避したいって部分が、残念ながら、そこにはある。現状では「別ルートで同じ山の頂上に合流で来たらベスト」ぐらいに考えている。

かなり状況が改善している人もいるのでボカしておくが、私が最初期に見たクラスタの状況は「熱狂的過ぎた」
少しでも樋渡側の肩を持ったり武雄市の市政を批判しなければ「ゲス野郎」とかのリストに掲載されるぐらいアレだったのである。
どーもカルト化寸前の状況だったので、おじさんは一回クラスタの能力を試してみることにした。
埼玉県の図書館動向をネタにして「元ネタ当たるとすぐに間違いが分かるが、その間違いを利用して武雄市の批判をしたらどうなるか」

うん、伝えている内容の正誤を問わず、「武雄市批判というだけで」めっさ拡散されてたわ。
相手の情報の正誤は問うのに、自分たちの側の発信する情報の正誤は問わず、それは敵を攻撃するネタだから拡散する・・・・

はっきり言います。
超アカンです。

そらー貴方。おじさんだって三十六計Run-awayに如かずですよ。
距離取りますわな。常識的に考えて。
前にアレだった方は最近おとなしめなので少しはクラスタの熱狂も冷めてきたのかなーと思えば変な視点で猪谷さんに絡んでる人もおる。まだアレか、まだ「叩いてヒャッハー、擁護する奴ぁハチェット乱舞、靡かない奴の首を刈れ!」とかやってんのかと。
いい加減大人になれ。

味方の言葉でもしっかり検証する癖が無いとですね、例えば新人さんを装った「誰か」が武雄クラスタにスネークしてきて、皆の心地よい言葉を紡ぎまくり、その中にいくつか「決して正しくはない情報や、明らかに間違っているが検証が難しいもの」を混ぜて投稿してきた時、クラスタ全体で釣られて拡散して無様晒すという事だぞ。
また、ちょっとでも異論を挟むものを晒し続ける姿勢は教条主義を強化し、味方になってくれる人まで切り捨てて行ってしまう。少し、まだ厄いな・・・・とは思っている。

私は論敵であっても(それが多少アレでも明確に法の線引きを乗り越えない限り)他人様の食い扶持に関してはあまり攻撃しない。食い扶持を攻撃すると下手したら貧すれば窮するでろくでもない事始めたりするからだ。衣食足りて礼節を知るのだから、礼節を持たせる為には衣食の保証をしなければならない。

常日頃から私はひわたん(樋渡氏)に死ねなどの言葉は投げかけない。心底彼には長生きして欲しいと思う。
そしてその何時終わるとも知れぬ日常の中で、常に武雄市での悪政を責められ、常に罵倒の言葉が耳に残り、物を考えれば何時も最初に「あの時ああすれば…」と悔恨に満ちた生活をいつまでもいつまでも続けて欲しいのだ。地獄での苦しみは逃げないのだから、この世でも好きなだけ苦しみを味わっていくといい。苦酸を死ぬほど味わって、地獄に行っても「あれ、意外とぬるいな?」と思えたら素敵だとは思わないか?

広告