以前、日本の図書館行政の変遷に関する話を書いた。

今回はその追補編である。
先に挙げたリンク先を読まない人もいるかと思うので、大まかな流れを書いておく。

明治政府時代「帝国に相応しい図書館作るお!」 → 現在の上野子供図書館になってる建物作成。凄い頑張ったが頑張りが足りなかったので計画の1/4しか完成しなかった。

戦後「お前たちミーの国の図書館を味わいナサーイ!」でGHQによりインフォメーションセンターが作られる。雑誌が多いわ冷房付いてるわでいわゆる滞在型図書館のはしり。レファレンスサービスがしっかりしててみんなべっくらこくも、メリケンのメリケン臭さが鼻につく。

日本の図書館行政黎明期「オラたちも立派な図書館さ作るだ!」 日本国憲法の制定にも関わった金森氏が初代館長に。金森氏は国会図書館退職した翌年に死亡した。

変革しようの巻。1960年代ごろ、当時は図書館あるものの対して市民に利用されていなかった。現代の状況など鼻で笑えるほど悲惨な状態である。そこで図書館の理念に燃えるJLAが長年調査研究して「中小都市における公共図書館の運営(略称 中小レポート)」(1963年)を上梓。また、同時期にその理論実践を東京都日野市(1965年に自動車図書館サービスを開始する)をはじめとする各地で実施して理論検証を開始する。
1970年 中小レポートに底を置く「市民の図書館」上梓。中小レポートの理念を推し進め、更に実践データを用いて非常にアグレッシブな提案を行う。

1985年、上記の中小レポートや市民の図書館の理念を完璧に実現できる環境の整った(予算獲得なども非常に上手く行った)浦安市立図書館(中央図書館)開始。その後30年ぐらい図書館サービスの最前線を行く図書館として注目を浴びる。

こんな感じ。

中小レポートや市民の図書館はその発想の基軸が「市民に活用されていない図書館をどの様にして利用されるようにするか」という部分に特化しており、これは後世に公共図書館を「残す」為にはどの様な方式で図書館利用率を引き上げ、「予算を獲得していくか」という部分に重きを置いているのは否めない事実である。その為、図書館利用率が低いだの市民貢献度が低いだのの予算獲得上の問題は大体この辺の提言通りにやると解消してしまう。

ある意味では図書館人のサバイバルの為の方策集なのである。

サバイバルの為に必要なのはやはり予算獲得であり、予算獲得する為には予算執行の論拠となる数字が必要である。それらの統計データを用いて「図書館は役立っている」という証明を行い、或いは「何故なら予算が少ないからである。もっと金出せ」という為の戦略論として用いられたのが、貸出数などの統計データである。

これが1960-70年代から開始された図書館サバイバル戦略の骨子であり、その結果として図書館で本を借りさせるという部分に特化した戦術が編み出された。

ところが1990年代から2000年ぐらいにかけて、世の中が不況になると本が売れなくなり、その本が売れない原因を図書館に求める声が高まってきた。無料貸本屋議論である。
当時の図書館政策は「ガンガン貸し出せ」であり、これは結果として売れ筋の本、ベストセラーの本を大量に図書館に入れて貸しまくるという戦術に繋がっていたのだ。ここで一回議論があり、貸出数だけに偏重するのはアリかナシか? という論争が起こる。

最近読んだ本を見る限りでは、2002年から2008年ぐらいまでその辺の議論が盛んに交わされ、それ以降登場する図書館では貸出偏重からレファレンスサービスを中心とした活用される図書館への変貌が起きる。滞在型図書館(以前は貸出偏重主義のために読書席などの設置は積極容認されていなかった)への変更や、国会図書館を中心としたレファレンス協会の暗躍などが実施される事になる。

もともとこのブログは「武雄市の図書館みたいなツタバ図書館増えるといやだなぁ」というところから始まっているのだけど、色々な調査で以下の様な事が判った。

1.設立目的が不明瞭である。滞在型図書館にするのであればむしろバリアフリー化を推し進め、使いやすい書架を配置して利用者の利便性を高めるべきである。
2.民間委託の意味が判らない。何故の嵐。
3.貸出数を重視するのであれば、カフェとか要らない。また蔵書の入れ替え頻度を高めておかないと貸し出し数は伸びない。それに見合う労働力と図書購入費用を計上するとコストは上がる。

今、図書館業界のトレンド的には滞在型でレファレンスに力を入れた運営がメジャーである。その為には専門書籍の拡充と高度に専門化した職員の安定した雇用が必要となり、そもそもCCCに委託するのはあり得ない。(司書のレファレンスサービスに関するノウハウ蓄積や、運用実績ないもんね)

ここで敢えて貸し出し偏重に徹する方向性もある。利用率が低いだのなんだのが改築の理由として挙げられているのだから、まぁそれもアリだろう。だがそれならアウトリーチを伸ばすべきであり、分館置くなり移動図書館で中央図書館利用しにくいエリアへのサービス提供を行う方が良い。

何したいかさっぱり分からないのだ。少なくとも表に出てきている話をまじめに信じると。

だがここで、図書館改築が図書館サービスの強化を目的としていないなら話はわかる。
単純にCCCにより代官山蔦谷書店だかを武雄に持ってきたいのだが、武雄は事前マーケティングの段階で採算性が極めてよろしくない。そのままでは出店しても赤字になる・・・・という判断が存在した場合、図書館の委託という名目で税金による運営補助を行い、無理矢理武雄蔦谷書店を採算ラインに乗せてしまうのだとしたら、話はすとんと腑に落ちる。市長の意見が意味不明なのは、本来異なる目的で立案された計画を、図書館振興策に結び付けて無理矢理話したために生じる「ねじれ」であり、改装理由が「図書館を使った蔦谷書店誘致に過ぎない」のなら、図書館がどうでも良いなら彼の発言は理解しやすいのである。

それを図書館トレンドの変遷や効率的な図書館運営なんぞに興味のないテレビ屋が面白おかしく持ち上げ、それに浮かされた余り図書館に詳しくない層が持ち上げ、図書館はどうでも良く、集客施設が欲しい(しかも格安で!)地方議会議員が視察し、更に頭の悪そうな地方議会議員が物見遊山で出かけていると。そりゃ、図書館行政を熟知した人々がかるーくスルーし、図書館関係の学者が無視、或いは酷評し、図書館ヘビーユーザーが騒ぎ立てるのも無理は無い。ことの起こりは簡単で、武雄市長が奇麗事をぬかさずに

「図書館は要らない。集客施設が欲しい!」

と断言したら良かったのである。無論こんな事言ったら国から助成金は取れないが、地方自治体が「図書館ナシで、集客施設作るんだ!」と言ったとして、誰がそれを責められるだろう?
図書館を作ったと言わざるを得ないのは単純に助成金の問題だけではないのかもしれないが、まず武雄の市民は「国だまくらかして助成金ガメた」と言う事を心に刻んで欲しい。この点だけで武雄は全国民から非難されても仕方ないと思う。

結果、武雄に図書館が無くなろうとそれは我々の問題ではない。事実夕張市は図書館が無くなって市役所内に図書スペース作る羽目になったが、これは実際に金が無いのだから仕方が無いだろう。夕張が図書館潰したというニュースに対して残念だと言う意見はあるだろうが、ケシカランなんて意見は見かけた事が無い。また、市レベルではかなり拡充の進んでいる図書館ではあるが、町村レベルではまだ図書館を設置していないところもかなりある。

貧乏だから図書館が無いというのは残念な事であるが、非難される筋合いのものではないと思う。ただし、図書館作る金は無いがオシャレな蔦谷書店は欲しいというのは住民の知的レベルを疑われても仕方が無いところだろう。
また、CCCの連中が「図書館なんて無かった、それは貸し本屋だった」なんて意見をのうのうとほざけるのも、そもそも図書館運営はオマケで、公金注入して蔦谷書店運営するつもりであると考えるなら理解できる。少なくとも図書館行政の関係者がこの様な発言をしたら呆れられるのがオチだろう(なお、私は図書館で図書館行政関係書籍を20冊に満たないぐらい読んだだけの素人であるが、少なくとも関連書1冊でも読んどけばこんな事態にはならなかったであろうと思う)

また、武雄市の図書館を「図書館として素晴らしい」だの、先見性溢れるだの言ってる地方議会議員は味噌汁で顔を洗ってくるべき。少なくとも現時点で「見るべき図書館」として挙げるのであれば、豊田市(トヨタの財力でどえらい事になってるとか)、伊万里市(オーソドックスな最新の図書館トレンド通りの図書館)、浦安市(現代日本型図書館のトップランナー)、六本木ヒルズの有料図書館(多分武雄市長が目指しそうな図書館はこれ)、滋賀県の市立図書館全部(武村正義氏が滋賀県県知事時代に県レベルで改造した)、佐賀市(佐賀県内の図書館図書貸出数の4割近くを貸し出しまくってるモンスター)等などではなかろうか。日野市図書館も中小レポの上梓後に移動図書館の設置から開始した伝説的図書館である。(てか、武雄市に移動図書館無いのか聞いた人いないのかね?)

政(まつりごと)に携わるもののニュースソースが日曜昼頃のお気楽情報番組とか、カンブリア宮殿であると言うのが大変に残念である。
日本のナショナル ライブラリーが何故国会図書館で、国会図書館とは何の為に作られたものか考えて欲しい。この辺の理解があれば少なくとも先進的図書館を視察するに当たり、図書館で文献検索して読むとか、レファレンスサービスを使うなどの対応が取れたはずである。図書館は住民に三毛猫ホームズや西村京太郎読ませるためだけにあるものではなく、各種の調べ物をするために作ってるもんなんだぜ。先に味噌汁で顔洗えと書いたが、味噌汁は深酒の後に良く効く沸騰させてガンガンに煮え立ったものが良かろうかと思う。

また、武雄市長が市長なり立てのときに書いたコラム集の中には
「調べ物はインターネットで」「ヤフオクとか大好き」「東大にいた頃図書館使ってたが、図書館の中でCD聞きながら雑誌読んでたら頭が良くなった気がした」などの大変グレイトな迷言を数多く残していたので、ここに記載しておく。そもそもあの人図書館で調べ物したりしない人やってん・・・・orz

そんなのが作った「私が行きたい図書館」が、機能的な図書館になると思い込んでいる人は、揶揄ではなく「頭がおかしい」と思います。

広告