日本の図書館の歴史的なもの (以前書いたけど、発表場所が無くてお蔵入りしてたものを引っ張り出してきました)

戦前:
図書館関連法や色々な議論はあったものの、意外と図書館の充実は立ち遅れていた(らしい)
理念自体は高尚で、今の我々にも十分賛同できる内容であったりするのだが、今と異なる点として「貸し出し」サービスは無いかほとんど無く、古文書館的な佇まいと内容を誇っていたような。
あくまでも学術研究のための箱物らしく、これが戦後「開かれた市民のための図書館」構想につながっていくのかも。

戦後すぐ:
GHQの占領政策の一環としてアメリカ式の図書館が設けられる。アメリカにおける図書館は日本で言う公民館+図書館的な性質を持ち、地域住民の交流の場としても機能していた。(ダンスパーティーやったりもするらしいぜ? 俺良く知らないけど)
この図書館システムにより制度的に取り入れられたのが「貸し出し」と「レファレンス業務」と「市民の教育」に関係する部分である。
貸し出しに関してはその後2000年前後に「無料貸し本屋」論争が起きるほど問題が複雑化する。これは図書館の「有用性」を喧伝する過程で貸し出し冊数を統計情報として表記し始めたのが問題かもしれない。また、移動図書館等の「館内読書ではない貸し出しを主目的とした図書館」の運営などもこれに拍車をかけた可能性がある。
もともと現在の図書館の目指す形は戦前の図書館形態へのアンチテーゼ的な部分と、アメリカから輸入されたアメリカ式図書館の折衷案とも言えるかもしれない。特に現在の図書館法が定められた前後でマッカーシズムや赤狩り、朝鮮戦争などがあったことは注意をしたい。図書館の自由を謳ったアレは赤狩り(レッドパージ)等に対する反論の一つと見ることもできる。
戦後の図書館を取り巻く状況はかなり複雑だったようである。
アメリカは物量豊富で自由なアメリカを喧伝する為にアメリカ式の図書館を各地に導入する。これに対して従来からの図書館従業員(とあえて書く)からは相応の反発があったそうだ。特に司書という資格に対しては無知もあって相当に揉めたとか記載がある。
(これ、レファレンスサービス導入にも関係するのだが、アメリカ式図書館の主要となる部分で、専門教育を受けた「スペシャリスト」を置くという部分から制定されたんだってよ。当然戦前にはそのような資格は無く、従来の業務員は首切りの恐怖に怯えたとか。また、図書館業務自体が社会的に「一段下に見られていた」事もあったらしい)

紆余曲折あったが、まずは国会内に国会図書館(これは法律制定のためのレファレンスサービスを行うために作られてんですと)が設置され、その後にナショナル ライブラリーとしての国会図書館が生まれることになる。最初期は赤坂御所の中にあったらしいぜ。
で、新しく図書館法を制定して「日本の図書館」を制定するに当たり、何をメインとしてどうあるべきかの議論が起きた。その中で「市民啓蒙」や「開かれた図書館」「レファレンスサービスの拡充」等が盛り込まれる。図書の貸し出しに関してもこの「開かれた図書館」や「レファレンスサービス」の文脈で語られなければいけない。
戦後図書館の基本構造
調べ物に対して最短で最良の図書(情報)を提供する事が目的であり、その為に司書というレファレンスサービスに特化した専門職員を置くことを考えている。ある意味ではこの「レファレンスサービス」が現代図書館の基本となる「ファンクション」であると言える。
ところが・・・実際に私も図書館をよく利用するが、あまりレファレンスサービスは利用しないのである。正直に言うと一回も使った事が無い。割合図書館に頻繁に顔を出す方だとは思うが、実際にはこんなもんである。
この辺、戦前の図書館では面白い考えをしており、図書館利用者を3つに分類しているのだ。
第一分類は「勝手に自分で調べ物して勝手に知識付けてく奴ら」 まぁ、私などだろう。
第二分類が「レファレンスなどを利用して知識を吸収する層、知識獲得に手助けが必要な人々」である。
第三分類が「暇つぶしに図書館来るような連中」となる。
よくよく考えればレファレンスは全図書館利用者に必要な機能ではないと過去の我々は判断していたのだ。今でもある部分ではそうだろう(私みたいに辞書や百科事典を検索したくて使う連中も少なくないと思う。OED全種類そろえて置いておける床面積はウチにはないのよ!:涙)
戦後図書館は文化文明の礎であり、人民教化の最前線的な気負いもあったようだが、そう言ったってなかなか予算が潤沢に回って来るわけではない。やはり公共サービスである以上その役立ち具合とか、市民に貢献してますよアピールの為に数字を出さねばいけないのである。そこで持ち出されたのが貸し出し数などの統計データなのだが、上記第一分類に属する連中は「調べ物するのに図書館使う」連中なので、貸し出しはしないし(そもそも辞書とか借りれねーし)、なかなか数字に貢献しない困った連中なのだ。
これが後々「無料貸本屋」議論につながるのだけれども、「市民に凄く貢献している」事を喧伝するためには多くの人が読みたいと思う本を大量に納める必要があり、できればそれを沢山貸し出した方が良い。するとベストセラー本とかそういうのを複数購入し、それを貸し出しまくるなんて方法が最良の方法になってしまうのだ。一般市民が読みたい本=良著とは限らないわけで、これが度を越すと「無料貸本屋」と言う非難に繋がってしまう訳である。

ある意味では戦前の図書館の視点はなかなかに鋭い。現代の図書館を取り巻く環境下では、統計データ上は第二分類や第三分類の人間が多くなると図書館として有能であると言うことになってしまう。極端に言えば統計データ上は図書館内にパンダでも放し飼いにし、それを見に来る連中が多数訪れれば有能な図書館と言うことになりかねない。実際にパンダではないが有料貸しビデオ屋のツタヤや有料やたら濃いコーヒー出す屋のスターバックスコーヒーを導入して来館者数を水増しし、それがいい図書館であるように擬態する図書館まで出てきているわけで。

そろそろ「どういう図書館が望まれるのか」、「どういう図書館がいい図書館なのか」を考え、ある部分ではその評価方法を変えていかなければならないのではないかと思うのだ。例えば県立図書館では蔵書の何割かを郷土史に割り当てなければならないとか、市区町村レベルでは「できる限り周辺図書館とは異なる蔵書傾向を示す方が望ましい」等の特化政策もありだと思う。実際わが町川口では安行と言う造園・園芸を主要産業とする地域では植物の生育に関係する書籍を多く備える等の傾向が見られるし、赤坂の図書館では土地柄レストランなどが多いことから料理に関係する蔵書が多いと聞く。ぶっちゃけどこでも読める本を数多く納めても仕方ないと思うんだ。
現在レファ協がやってるレファレンス事例の周知や活用、そういった部分をもう少し喧伝して「調べ物のプロがいる施設」と言う側面を強調し、その側面から図書館を再評価する動きが強まった方が、10年ぐらい前に流行った「無料貸し本屋」議論に対して有効な解決策を提示できると思う。

広告